経験豊富な企業を徹底比較

アパート経営会社BEST5

株式会社アイケンジャパン

  • 高い防音と遮音性能の上に耐震性にも配慮したつくり
  • アパートとは見違えるほどのプレミアムな標準装備で顧客の心を鷲掴み!
  • 高いメンテナンス性と管理サポートで安心して任せられます

付加価値の高い物件を目指す経営のプロ

住まいが生活の基礎となることを熟知していて、通常のアパート経営に付加価値を与えてくれる、一歩先の経営を約束してくれます。安心して物件を任せられる企業です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

株式会社アイケンジャパンに対するみんなの口コミ

  • 老後の生活のことも考え、安定的に行える資産運用の一つとして、アパート経営をこちらで始めました。正直経営の素人である私にも丁寧に説明してくださり、今では少しではありますが経営を語れるほどになりました。こちらにお願いして良かった...

  • アパート経営について回る空室リスク。なるべくリスクを抑えてくれる企業と思ってこちらに辿り着きました。アパートの状況や設備なども説明してくださり、実際に物件を見に行って決めました。今では安定した人生設計が組めるようになりました...

  • 以前に他社で痛い目に遭ったので、慎重に業者選定をしてこちらにしました。たまに物件の近くを通りかかって少しチェックしているのですが、いつも管理が行き届いていて自分の目に狂いはなかったとホッとしています。...

へーベルメゾン

  • 60年耐用の躯体構造で末永く資産価値を保ってくれる
  • 豊富なノウハウでしっかりとサポートしてくれるコンサルティング能力
  • アパート経営を長期的見地でサポートし続けてくれるという安心感

旭化成グループとしての総合力を結集

最先端のノウハウで、実り多きアパート経営の維持、管理に能力を結集してくれます。そして経営の更なる未来に向けての提案もしてくれます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

へーベルメゾンに対するみんなの口コミ

  • 相続した土地の活用方法について真剣に考え始めた時に、こちらの相談窓口にお邪魔しました。やはり知っているメーカーさんと言うことで安心感が違います。実際に経営が始まっても判断は間違っていなかったと安心しています。...

  • やはり大きなメーカーさんだけあって、アパート経営に関する知識やノウハウ、具体例などの数が多いという印象です。いくつか経営の会社を巡って感じたことです。基礎知識から税務関連まで様々な知識を叩き込んで頂きました。...

  • ネットの無料土地活用診断を活用させて頂きました。土地活用ってなかなかややこしい印象を持っていたので、営業の方が来られても億劫だったのですが、ネット上で相談できてという気軽さから、こちらにお願いすることになりました。...

大東建託株式会社

  • 賃貸経営に付きまとうリスクに対する賃貸経営受託システム
  • 安定したアパート経営に欠かせない物件の高品質維持と付加価値の高さ
  • アパート経営のみならず土地活用から資産継承まで的確なコンサル

多くのオーナーに選ばれ続ける実績が証拠

賃貸住宅の管理戸数が21年連続1位。賃貸仲介件数8年連続1位。住宅供給戸数9年連続1位。賃貸住宅市場における確固たるポジションを確保し続けていることこそが、信頼と実績の証です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

大東建託株式会社に対するみんなの口コミ

  • 土地活用に関して、様々なメニューを用意してくれているところが有難い。アパート経営一辺倒では無い、柔軟な対応が可能というところが、こちらの持ち味なのではと思います。土地に関してはここにお願いして間違いないしょう。...

  • 資産運用に迫られて、テレビのCMを頼りにこちらに連絡をしました。なんにもわからない素人状態だったのですが、一つ一つしっかり教えて頂けて、本当に助けて頂きました。今になってこちらに任せて良かったと心底思ってます。...

  • 物件の運用を考えなければならなくなり、正直半ば嫌々イベントに足を運んだのですが、講師の先生の親身な対応と、知らない方々がこんなに多くいるという安心感で、ちゃんと勉強する気に慣れました。講師の先生には本当に感謝です。...

アパート経営のシノケン

アパート経営のシノケン

自社開発戸数で2年連続日本全国1位!

年間着工数ランキングで2年連続1位が取れるほど、多くのオーナーに選ばれています。その実績にあぐらをかくことなく、安心と確実性を軸に顧客の信頼を勝ち取る業界のパイオニアです。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

東急リバブル

東急リバブル

東急不動産ホールディングスグループだから安心感が違う

大は小を兼ねると申しますが、こちらはまさにその言葉が当てはまるでしょう。投資物件、入居者募集、物件管理体制に至るまでネットワークを駆使しての安心体制をとっています。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

アパート経営の基礎知識

赤いマンション

アパート経営のリスク

先行きの見えないこの国の社会保障制度を危惧して、現在アパート経営の知識を得ようとセミナーへの参加者が増えています。
アパート経営は物件次第で定期的に収入を得られるようになりますので、もし万が一年金支給が停止されても安心ということで人気です。
何事においても当てはまりますが、アパート経営にはそれ相応の知識が必要で、アパート経営の知識が無いままにアパート経営に乗り出せば、それなりのリスクを背負い込むことになりかねません。
これからアパート経営の注意点をいくつかご紹介しましょう。
まずアパート経営は家賃収入ですので、アパート経営に入居率というのは大切になります。
アパート経営で入居率が低くても保証される制度もありますが、殆どが期限付きです。
入居率はアパート経営のエリアにも大きく左右されます。
アパート経営のエリアが郊外の場合、人口減少に伴って入居率が悪くなってしまう可能性があるのです。
アパート経営のエリア選び、アパート経営の物件選びは重要なファクターとなって来ますので、アパート経営の注意点として頭に留めておきましょう。
ただ、資産運用の観点からであれば、不安定な金融商品よりもアパート経営は堅実な運用方法になりますので、今後も人気が続いていくと思われます。

カラフルなマンション

初心者でもアパート経営できるのか

資産運用という言葉が使われるようになって久しい状況です。
ファイナンシャルプランナーという職業の方も増加の一途を辿っており、まさにお金を「貯める」から「賢く運用する」という時代になっています。
その資産運用の代表的なモノに、アパート経営があります。
アパート経営は物件を選び、購入し、家賃収入を得て行くという方法です。
ですがアパート経営には、相応の知識が求められます。
初心者では手を出しにくいのでは…と思われますが、必ずしもそうではありません。
初心者の方でも安心できる、アパート経営を管理してくれる不動産業者と手を組むことです。
不動産業者はアパート経営の、いわばスペシャリストなので、アパート経営の注意点や知識なども全て把握してくれています。
不動産業者は賃貸業務などを行っているところが多いので、アパート経営の入居率を気にせずとも、次々と入居者を決めてくれますし、従って無一文になってしまうというリスクを最小限に抑えることが出来るのです。
あとはアパート経営を始めながら、じっくりとアパート経営について勉強して行きましょう。
少しでも興味がある方、もしくはアパート経営に乗り出そうとされている方は、アパート経営に精通している不動産業者に相談してみましょう。

高層階のマンション

アパート経営の物件選びについて

アパート経営で家賃収入を得ようとしている方が増えています。
アパート経営で成功をおさめ、次の物件、次の物件と物件数を増やして経営されている方もいらっしゃれば、アパート経営なんてもうこりごり…とアパート経営から身を引かれる方もいらっしゃいます。
アパート経営に乗り出した時期や規模もほぼ同じであっても、成功と失敗の両極が生まれてしまうのが、アパート経営の難しいところであり、面白いところとも言えるのです。
アパート経営で一番重要な点というのは、物件選びです。
この物件選びが運命を決めると言っても過言ではなく、物件選びで重要視すべき点は、何と言ってもエリアです。
アパート経営を開始するに辺り、なるべく初期費用は少なく、と思うのが人の心というものですが、費用負担を少なく、となれば郊外や地方のアパートになります。
都心部のアパートを見てからであれば、地方のアパートが非常に安く見えてしまう物です。
ただ、必ずそこで吟味が必要で、地方は慢性的に人口減少の悩みを抱えています。
アパート経営を始めても入居者がいなければ話になりません。
地方であっても人口が増加している所や、若者世代が出入りするエリアがあり、単身者なども多く住んでいるので、アパート経営がハマる可能性が高いと言えるでしょう。
このように、今後、この街にアパートが必要か否かの見極めが肝心です。

大きなマンション

アパート経営の注意点

アパート経営と聞くと、家賃収入が入って万々歳と思われがちではありますが、それなりのリスクというものも孕んでいます。
せっかくの資産運用でアパート経営を考えていらっしゃる方々に、こちらではアパート経営に関する注意点を、少しばかり挙げさせて頂きたいと思います。
まずアパート経営を始めるに辺り、物件選びとなるのですが、その物件のエリア選びも重要になって参ります。
その物件の周辺情報、公共交通機関までのアクセス、治安状況、周辺住民の世帯構造などアパートのニーズがあるのかを見極めなければ、入居率は下がり、空室となれば家賃収入はゼロになってしまいます。
アパートは建物ですので、劣化に伴う痛みが発生しますので、その修繕費用も必要になります。
そして入居率にも関わりますが、少しでもアパートの見栄えを良くする必要もあり、外壁に気を配ったり、経営が続けばリノベーションなども考えなければなりません。
その際の費用負担は、アパート経営をしているオーナーになり、修繕積立が必要になって来ます。
最後はアパート経営のみならずではありますが、火災や地震のリスクです。
火災保険や地震保険もありますので、備えておくということが必要になって来ます。
注意点もいくつかあるアパート経営ですが、しっかり注意点を抑えれば、これほど安定的に入って来る資産運用もなかなかありません。
検討されている方は、アパート経営に強い不動産業者に相談してみましょう。

アパート経営のコラム

アパート経営ランキング

TOP