RPAツール導入による作業効率の改善

RPA ツール

ロボティック・プロセス・オートメーションは、RPAと略されます。つまり、今まで人の手で行なってきた業務をロボットに代行してもらおうという事です。人間の補助として業務の効率化、自動化をする事により、現在推し進められている働き方改革へ繋げようというものになります。デスクトップ作業のみに絞ったものは、ロボティック・デスクトップ・オートメーションと呼んでいます。RPAは、画面上のアプリケーションやシステム画面を識別して、人間と同じ様に操作を行う事ができるソフトウェアによって実現されています。それは事前に設定された実行手順に沿って動作するものです。あらかじめ決められた事を行なうものになる為、人間が行なうよりも早く正確にできます。それにより、人間は他の仕事をする事ができ、結果的に時間短縮に繋がります。では運用ツールなどを見ていきましょう。

RPAツールについて見ていきます

RPAツールを導入する時に、どの様に選べばいいのか迷ってしまうと思います。種類について見ていきましょう。まずはデスクトップ型かサーバー型かという事になります。デスクトップ型ですと、1台ごとのパソコンにRPAをインストールする必要があります。またパソコンユーザーに特化した業務に限定されてしまいます。初期費用は低めです。サーバー型になると、複数のパソコンで利用が可能になり、大量のデータが扱えるようになります。ただし、初期費用は高めです。導入したい業務によって、汎用型と特化型があります。汎用型はあらゆる操作を自動化できます。特化型は人事や経理など、おのおのの業務に特化していますので、細かい設定などが可能になってきます。また、多数ある種類の中から社内システムと適合しているものを導入する必要もあります。

RPAツール導入によるメリットについて

RPAのツール導入によってもたらされるものを見ていきましょう。まずは業務自動化範囲の拡大です。さまざまな業務が自動化される事により、業務の効率や品質、コストが改善されます。リソースの効率的な再配置も挙げられます。業務オペレーションに重きを置かなくなる事により、専門的な仕事に集中して取り組む事が可能になります。さらに、業務ソーシングの変化ももたらしてくれます。従来アウトソーシングされていた業務がRPAにより自動化でできるようになる為、アウトソーシングする必要がなくなってきます。そのあたりのビジネスモデルの転換が求められてくる事は考えられます。簡単にメリットを挙げるとすると、人件費を削減できる事、作業効率が向上する事、働き方改革を推進できる事が挙げられます。大いなるメリットをもたらしてくれる事でしょう。

西日本や九州での導入実績も多数ありますので安心して任せることが出来ます。 大手流通企業や鉄道、航空会社から中小企業まで、多くの導入実績があります。 導入支援サービスやサポートプランもシステムの利用タイプ別に細かくご用意しています。 SaaSならではの多彩なサービスプランがあり、利用規模に沿ったサービス提供が可能です。 まずはインシデント管理の見える化からスタートしましょう。 RPAのツールの活用方法とは【SmartStage】