近未来に向けて導入しようRPAツール

RPA ツール

RPAツールとは、ロボティック プロセス オートメーションの略で、今まで人間が手作業で行ってきた業務を、AIやルールエンジン、認知技術を搭載したロボットなどに代理で作業してもらうことで、業務の効率化や自動化を図る取り組みです。従来の人力による業務に比べ、RPAは膨大な量の業務を素早く確実にこなすことが可能になり、作業精度も非常に高く、エラーがほぼ発生しませんので、生産性の低下が起きません。オペレーションの自動化が可能です。ロボットなので、人間関係のトラブルが発生しませんし、業務外のコミュニケーションやスキンシップが不要です。RPAが実際に得意としている業務の一例は、会計システムへの請求書データや売上伝票、領収書などの経理業務、アンケート用紙の回答入力作業や集計作業、過去データの分析とこれからの売れ筋予測による受発注業務などです。

まだまだ得意としているRPAの業務があります

経理業務やデータ分析だけではありません。人事業務として、従業員の勤怠管理・長時間残業に対する自動警告、アルバイトや派遣社員の雇用管理も得意な業務の一つです。その他にも、顧客対応として、問い合わせに対する自動応答や処理、営業活動として名刺のスキャンとシステムへの登録作業、ライバル製品の情報収集とマーケティング、顧客情報の管理や分析、見込み客へのメッセージ自動作成などを行うことができます。今まで事務作業やルーティーンワークが主の部門にRPAツールを導入することで、これまで数人がかりでこなしていた仕事を、1台のRPAに任せることができます。作業精度も非常に高く、人間と違って長時間労働によるミスの連発もなく、ほとんどエラーが生じることはありません。適した業務の洗い出しをRPAで行うと、より効果的に活用することが可能です。

人件費の大幅削減とコストパフォーマンス実現の両立が可能

RPAツールはヒューマンエラーによる個人情報や機密情報の外部流出を未然に防ぎ、個人従業員のコンプライアンス違反を防止することができます。また、作業品質の向上、問い合わせに対する迅速な自動レスポンスなど、クレームの原因を元から取り除けるように努めます。多大なリスクを未然に防ぐことができ、安定した成果を常に生み出すことができるRPAを導入することは、リスクマネジメントをするという意味でも有効な施策です。RPAの特性を理解し、導入することで人件費と人手不足問題から解放されるとともに、新たなイノベーション創出と価格競争への積極的な参加で、これまで以上にアグレッシブな経営戦略の構築をすることができるようになります。導入事例としては、人手不足が深刻な通信業界での導入で、10名の熟練スタッフが必要だった現場に導入したところ、1名の新人スタッフで対応可能になりました。