アパート経営関連情報

HOMEアパート経営のメリット

最終更新日:2017/11/20

アパート経営のメリット

マンションと青空

昨今のメディアから流れてくる情報を見ていると、つくづく老後の収入の問題が不安になっていきます。
戦後の人口分布が異なった頃に成立していた社会保障制度は、少子高齢化が叫ばれて久しくなった現代社会では、ほぼ破綻していると言って良いでしょう。
収入格差の問題もありますが、この先の年金格差も深刻な社会問題になって行くことでしょう。
そんな先行きの不安を思ってか、最近、資産運用業界が活発な動きを見せています。
そんな資産運用の中でも、一般的な方でもイメージが付きやすいのが、アパート経営では無いでしょうか。
アパート経営というのは、アパートを経営して、その家賃収入で生活していくという方法です。
アパートの経営方法は大きく分けて二通りあります。
全国各地のアパート物件の中から選んで購入し、経営していくという方法と、持っている土地にアパートを建設して、経営していくという方法です。
この両方ともに言えることは、頼れる不動産業者とパートナーシップを組むことが必要になって来ます。
アパート経営には知識やノウハウ、ネットワークが必要になって来ます。
例えばアパート建設となった場合、アパート経営の素人ではなかなかデザインや戸数など、詳細まで詰めて話していく事が困難になります。
不動産業者であれば、提携の設計事務所や建設会社との繋がりもありますし、場合によっては業者自体が自社で建設を担っているという場合もあります。
無事に建設後、入居者を募る際にも不動産業者が大いに力を発揮してくれる事でしょう。
アパート経営において、不動産業者というのは必要不可欠な存在なのです。
不動産業者はアパート経営を手助けするのが仕事で、そこで利益を生んでいるので中途半端な仕事をすることはありません。
そういう意味では、アパート経営の素人の方であったとしても、不動産業者と組めば成功する確率が大幅に上昇するのです。
専門知識が無くても飛び込んでいけるというのが、アパート経営のメリットとも言えるのでは無いでしょうか。
最後に、アパート経営は社会情勢の変動にも強いです。
かつてのリーマンショックやサブプライム問題で金融商品には大損が出ましたが、アパート経営者に影響を受けたという方は聞いたことがありません。
今後の情勢不安で、この国にもインフレやデフレが襲い掛かって来たとしても、アパート経営を直撃するような打撃ではありません。
従って資産運用におけるアパート経営は、非常に堅実で、そこにアパート経営のメリットがあるのです。

一覧はこちら

アパート経営ランキング

TOP